コピー機に関する情報が満載!

事務必須のコピー機

コピー機に使用する3種類のトナーとそれぞれの特徴

トナーはコピー機にとってなくてはならないものですが、最近はそのリサイクル品が注目を集めています。
使用済みの純正品を回収して、それを分解洗浄して修理を施したもので純正品と同じように使える上に、値段が格段に安くなるのが最大の利点です。
ただ、純正品と比べるとどうしても不良率が高くなるという欠点があります。
また、純正品メーカー以外の企業がコピー機の規格に合わせて作った製品に互換トナーと呼ばれるものがあり、こちらも純正品よりコストが安いのが利点です。
互換品と言えば昔はやたらと故障が多いイメージでしたが、最近は技術力も上がり、純正品と遜色ない品質なので安心して使用することができます。
そのため、多くの企業がコスト削減を目的として互換トナーを採用しています。
一方、リサイクル品の方も故障率が高いものの環境に優しいので、CSRの観点から積極的に取り入れている企業が少なくありません。
ただ、どちらを使うにせよ、純正品と違ってメーカー保証が効かないことは心に留めといた方がよいでしょう。

コピー機のトナー切れ!上手に交換する方法

コピー機ではインクジェットのプリンタで使われるインクとは違って、トナーと呼ばれる粉を使って印刷しています。
コピー機を使っているとそれを交換しなければいけない時があります。
交換するのが面倒だから後回し、自分で交換すると粉で手や床が汚れてしまうからやりたくない、中にはわざわざ業者に頼んでやってもらっている、なんて方もいるのではないでしょうか。
そんな方に交換の上手な方法をお教えします。
そもそもなぜ粉で汚れてしまうのかというと、トナーを平行に保てていないからなのです。
カバーを開けたら使い終わったものをまっすぐに引き出しましょう。
作業中にトナーをぶつけたり落としたりしないよう要注意です。
新品のシールを取ったら、こちらもまっすぐに、カチッと音がするまで奥に差し込んでください。
古いものをそのまま新品が入っていた袋と箱に保管したら作業は終了です。
この時も粉が洩れる可能性があるので、傾けないようにしてください。

注目サイト

不動前 賃貸マンション 1K 即入居

Last update:2017/8/28

『コピー機 トナー』 最新ツイート

@CLARiTY_833

コピー機の横にずっと放置されてた空のトナー 置いたやつ出てこい。しかも2本 本当頭悪すぎてイライラすんだけど。 エラー出しっぱで放置とか本当人間としておかしい奴ばっかなんだけど。って昨日からイライラしてるんだけど笑

21時間前 - 2018年10月19日


@a_z10969

コピー機のトナー変えて使用済を空き箱に入れるじゃん?開け口をべったり全面的にテープで留めようがある程度の長さで留めようがどっちでもよくない?中身出てこなかったらいーじゃん??何でテープの長さどうしたらいいかとかクソみたいなこと聞いてくる???それくらい自分で判断してくんねぇかな?

23時間前 - 2018年10月19日


@koudukirin

コピー機のトナーがカスカスになってきた。。。 注文せねばー。。

1日前 - 2018年10月19日


注目サイト

Last update:2017/8/4

▲ページ先頭▲